Work man

支援制度で得

税制支援には条件があるので注意が必要です

Water repair

最近ではリフォーム工事をお得にすることができるようにと支援制度がありますが、これは条件を満たすことで適用されます。それにはすべての居室の窓全部の改修工事、またはそれとあわせて行う床、壁、天井などの断熱改修工事が当てはまります。そして、そのリフォームによる改修部位のいずれもが、現行の省エネルギー基準を満たしていることも条件になっています。 またこの制度は、たとえば高性能建材リフォーム補助などの、その他の補助とも併用が可能です。ただし、対象となる工事費用から、そうした別の補助金額を控除した額が、50万円を超えていなければならないという条件があることにも注意が必要です。

省エネリフォームで知っておくとお得なこと

省エネルギー性能を向上させるリフォームは、その工事費用の10パーセントを所得税から控除することができます。 その控除額の上限は25万円ですが、太陽光発電を同時に取り付ける場合には、上限が35万円になります。 また、このようにして省エネルギー性能を向上させるリフォーム工事を行った住宅は、固定資産税についても、120平方メートル相当部分までに限って、1年間3分の1に減額されるという制度もあります。 こうした税制上の支援はすべて、省エネルギー住宅ポイントなどを含めたその他の支援制度とも併用することができます。そのため、リフォームを行う前に、どのような補助金や税制支援があるのかをよく調べた上で、リフォームを行うことが大切になります。