Work man

電気工事士の仕事

電気工事士に成るためにはどうすればよいか。

Water repair

電気工事士に成るためにはまず第一に第二種の電気工事士免状を取ることが必要です。まずペーパーテストを受けてそれが合格なら次は実技の試験を受けて合格する必要があります。これで簡単な電気工事は法律に違反と言われずにできます。 仕事で電気工事をするのなら第一種の免状が必要です。第二種の時と同じくペーパーテストを受けてパスすれば次は実技の試験です。第二種の電気工事士はペーパーテストと実技はそんなに難しいことはありません。第一種の試験も普通に勉強していれば受かります。第一種のペーパーテストが終われば帰り道に業者が待っていて、実技の試験対策用に実技のキットを売っていますから必ず買ってください。そして家でしっかり実技用のキットで練習してください。そのようにしたら第一種の試験も合格します。

クーラーをつけるとき第一種の免状を持った業者の仕事ぶりをみました。

私の部屋にクーラーを取り付けたときに第一種の電気工事士の免状を持ったおじさんの仕事ぶりを見ました。さすがプロです。クーラーをつけるためのプラグを取り付けられましたが、仕事は早い、いちいち壁から何センチあるかなど測ったりしません。みな感でやってしまわれました。 その電気工事士のおじさんは若い助手を連れて二人で工事をされました。おそらくその若者は第二種の免状を持っていると思われます。今は見習いでおじさんに付いて仕事してますが、いずれ独り立ちして電気のことなら任せてくださいと言えるようになられると思います。電気工事士になるには勉強しなければなりまんが、そんなに難しくないので電気工事士にはすぐになれますが、すぐに仕事はできません。最初は見習いで仕事ができるようになるまで頑張れと言いたいです。